記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が変われば出逢う人も変わる ~わたしの事例を通して伝えたい事~

自分が変われば 出逢う人も変わる とは。

わたしの事例から語ります。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


わたしと新たに出逢う人は、だいたい、共通の大きなテーマがある。

ちょっと前は、

自分・親子関係・病気・仕事 などなど・・

「そこに向き合ってる最中」の人。
「向き合わざるを得ないと痛感中(でもまだイヤ)」の人。
「向き合ってきた、散々やった。でもまだ終わらんのか~い」という人。
(-з-)

そしてここ最近。その上記に加え、


わたしと「語りたい・やりたい事が同じ方向」の人。
「やりたい事がわからない・探したい」人。
「新しい事を一歩踏み出すところ」の人。
「インプットばかりの時期は終わり。そろそろアウトプットへ」という人。
「やればいいのはわかってるが、今一つ動けずもやもやする」人。


そう。つまりは

「わたしがやっている最中・ちょうど終わった後のテーマ」の方々。


なんだかんだ、出逢いって、よくできているなぁ~、と思うわけです。


・・・・・・


今、わたしは仕入れる情報・出会う人・場所を、自ら意図して選んでいる。


自分が情報や学びが欲しい時、
それを教えてくれる人やセミナーへ学びに行く。


自分と向き合う事がテーマだと思ったから、
たいわの講座で自分と向き合う事をやりに。


何かやりたい・でもわからないという時は、
職種に関わらず、すでにやりたい事を活動している・これから発信しようとしている人の集まりへ。



そう。つまり

趣味・学びのセミナーなんて、
「それに興味のある」人達が集まるから、
目指すものや、抱えてる問題・育った土壌・職業など、やはりどこか似るのである。


だから。

同じテーマを持った人と出逢えたり、

出逢う人が変わり・幅が広がっていくのは、

ある意味当然の事なのである。


・・・・・・


新たな出逢い、という事は。

もちろん「離れていく」人もいるわけで。


自分と向き合うとは・人生とは・生きるとは、常識とは・・・・・


そんな話を、わたしが必死でやいやい唱えているわけですから、

それを「見ていられない」人もいるわけで。
(そこには、見ていられないと感じる側の理由がある)


活動のために、この人なら協力してくれる!
と思っていた人の中には、

そうでない反応の人も実際いるわけで。
それがきっかけで疎遠になる事もある。


「人生のステージが変われば、出逢う人も変わる」など、よく使う言葉であるが。

自分にとって、「どうでもいい人・興味のない人」なら、全くダメージはない。

ただ、それがわたしにとって大切な人・素敵だと思っていた人も含まれているわけで。



わたしにとって大切な人が去っていくのを察知した時。

わたしの今までのパターンとして、

「わかったふり」
「重い女にはなりたくない」
「波風を立てたくない」
「きっと相手に諸事情もあるだろう」

そうやって、何も言わないパターンで過ごす事の方が多かった。


しかし、もう自分のテーマが
「自分に正直に・素直になる」であったため、

大切だと想う人には、たとえ上手く伝えられなくても、それでも伝えよう。
そこまでの労力を使ってまでも、伝えたい相手なのかどうか。

そこがわたしの向き合いポイント。


ほんとうに自分は動くのか?何があっても進むと決めたのか?
つまりは、そういう「覚悟を問われる一場面」でもあるわけで。


結果的には、自分の想い・考えを伝えたからといって、
分かり合えるとは限らない。

それでも。
その場面を乗り越える事ができたのなら。
さらに進んでも大丈夫だ、と思えるようになったわけで。



しかし。よくよく周りを見渡してみると。

ちゃんと話ができた人は、
今は直接の関りがなくなってしまっていても、
遠からず近からず、こっそり見える範囲で見守ってくれている人もいるようで。


だから、何かの拍子にぽいっとメッセージや助け舟を出してくれる人もいる。


そう。去っていったと思ってしょんぼりしていたとしても、

実は案外近くにいる場合もある。


壁||⊇`) じぃ~・・  Σ(*‘ω‘)・・・気配を察知!
壁||`)       
壁||)彡サッ       o(・ω・= ・ω・)o はて?


・・・・・


そういう流れの変化を顕著に感じているのは
「発信・アウトプット」のおかげ。


わたしは何者で、何を考え、何をしたいのか。何を求めているのか。



それを出す事で、まずは「わたし自身が、どうしたいのか」の棚卸になっている。

やってみて初めて、自分の中が散らかりまくりで、うまく説明できない事を知る。

だから人にも伝えられなかったのだ、そうわかった。


・・・・・・


この「発信・アウトプット」に一躍お役立ちなのが、ブログ・SNSである。



まだまだ、自分の考え・言いたい事をまとめきっていない わたし。


だから、本当は直接語りたいタイプなのに、上手に語れない。


それでも、書きながら、伝えたい事をまとめる棚卸になり、

さらにはそれを多くの人に読んでもらう事ができる。


まとまっていない頭の中でさえ、素直に書き出せば、それすら見てもらえる。


今までは、うまく伝えられないから、途中で・もしくは最初から話すのを諦めていたり、

そもそもそんな話の流れでなければ話せない事もたくさんあり。

その、諦めていた部分を しっかりカバーしてくれるのである。


また、情報・協力者が欲しいけれど、どう集めていいかすらわからない時。

それを素直に発信すれば、その方法や、協力者すら募る事ができる。


発信って、すごいのだ。




そして、読み手にとっても、

読みたい人が、読みたいタイミングで読める。
読みたくない人は読まなければいい。

そうやって選択できる。



発信する際、「何度も書いたらウザいかな?」「こんな事書いたら迷惑かな・・・」


大丈夫、興味ない人は、見てもくれない!(笑)
そんなウザいと感じる事に時間を費やしている場合ではないから。

(ウザいウザいと言いながら、やってくるパターンは、もう気になっちゃっているから♡)



だから、「必要な人が受け取りに来てくれる」というのは、

自分が想像する「必要な人」の枠を超えて、
向こうが必要だと思ったらちゃんと選んでくれる。

それをお任せしておけばいい。


意図してもっともっと、広く広く伝えたい。もっともっと早く、伝えたい。
そこは一歩、スキルや人の協力が必要となる範疇でもある。


わたしのリアルなお知り合いだけでなく、
普段だったらまったくすれ違う事もない人とも、
発信内容に興味を持ってもらえたら、それだけでつながる事ができる。


また、リアルで出逢って、もっとお話ししたいのに時間が足りない時。

「ブログにわたしの活動とかやってる事、プロフも書いています~」
と伝えて、伝えきれなかったものを一押しする事もできちゃう。
後は読み手の興味次第。

(ここで、さらにセルフマガジンなんてあったらいいわけなのですよね)



発信をすると、何かしらのフィードバックがある。

記事内容がどうだったのか、どう感じたのか、
嬉しい事に、それをわたしにちゃんと伝えてくれる人もいて、
わたしの投げたものが、どう受け取られているかの反応を知る事ができる。


(それが、イイネやアクセス数、メッセージ、お仕事の依頼など、フィードバックの内容は様々)


また、イイネやコメントという目に見える形のみならず。

きっと、こっそり読んでいる隠れファンの方もいるかもしれない(笑)


隠れファンというのは、
通常はひっそりしてるが、
時が経ち、いずれ何かのチャンスに
「隠れファンなのです!」(・∀・)
とひょっこり出てきてくれる事がある。(笑)



・・・・・


ここ最近の、わたしのブログの反響。


「最近の東さんのブログ、参考になる」
「最近の東さんのブログ、痛い(けど読んでいる)」
「最近の東さんのブログ、痛い(から、読めない)」



そう、同じ事を書いているのに、読み手によって、こうも反応が変わるというわけ。


すべてはわたし自身の事を、つらつら書いているだけ。

自分が解釈した事を、ただ人に言いたいだけ。


で、自分の事をつらつら書きながら、もちろんそれに該当する人が浮かぶことはある。


このタイミングで、この記事を挙げたらあの人はきっと自分の事?って気にしちゃうかな?
実は一瞬よぎる事もあるのだけれど。


ただ、これまたそれが一人ではなく、何人も該当する人がいるのである。
(;´∀`)

だから、「あの人の反応がどう」とか気にしだすと、もう何も発信できなくなっちゃう。

だから、自分の事として、書きたい事は淡々と書いている。


今まではね、いかに自分の文章で人を傷つけないようにするか、
誰にとっても分かりやすく、また変な誤解されたくないから言い訳も入れつつ、
防御も取りながら、いかに頭の中をいかに文章化するか。


たとえば。
とある記事の内容について、
「~~さんの事ではありませんよ~」と書きたくなるとしよう。

が、~~さんの事ではありませんよ、と言っている時点で、実は~~さんの事意識しまくりなわけなのである(笑)
そこに、いくらやんわりした言葉を重ねようとも、残るのは「違和感」になるのである。


過去関連記事:想いを伝えるとは

http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12162146360.html


自分の人生の棚卸作業も兼ねているから、まだまだスマートにシュッとした文章はかけない。
必死感も隠していないから、時には重く感じる内容かも知れないし、
表現を柔らかくするのもやめたから、こんな感じ。


だから、それでも自ら当たりに来たい人は来てくれる(笑)



そう、つまり。

今まではわたしが自ら赴いて情報を得て、会いたい人に会いに行く、がメインであったが、

自ら発信しだすと、
今度は、かつてのわたしのように、その情報が必要な方が、来てくれるようになってきたのである。


・・・・


だから。

今、わたしと出逢っている人にとことん伝えている事のひとつ。



その自ら求めにいった出逢いの場でさえ、

やはり今後ともつながる人と、そうでない人がいて。

自らとりにいった情報の中でも、

必要・不要なものもあって。


それすらも、自分で選んでいいのだ。


幼い頃は、学校とか周りの環境とか、自分で避けられない部分がとても多くあり、
なんとも不自由に想う部分があった。


今は、動こうと思えば、どうにでもできてしまう。


たとえ、すぐには変えられない環境(学校・職場)でさえ、その中でもできる事はたくさんある。

環境はすぐには変えられない、
実はこれすら思い込みであって、これすら変えちゃってもいいわけである。



「時間がなくて~、お金がなくて~・・・・・」

それをクリアすれば先に進めるのなら、それが解決策。それは自ら作り上げていくもの。

その言葉は、解決策なのか、やらない言い訳なのか、その根底は自分でわかっているはず。




色々学び・気づき、ちょっと視野が広がった瞬間、
あれもこれもやらないと、もっと知らないと、
そう焦ってしまう時期がくる。


「やらなければ・・・・」
そんな時は、ちょっと立ち止まって見てみる時。


自分が「動けない」事に罪悪感を持っている場合ではない。

それは単に動けない・動きたくないんだ、と気付くだけの話。


「時間が~、お金が~、家族が~」

そういう気持ちで止まるなら、それほど大したことではない、という、
「自分ので答え」をちゃんと持っている。


それだけの話なのだ。


「都合が悪くて参加できない」となった時、

「断る理由が見つかった」とほっとしているか、
「なんで参加できないんだ!なんて残念」とうずうずしているのか、



「自分の事は自分でわからない。」

そう思い込んでいる人はたくさんいる。

でも、みんな、ちゃんと「自分の事」をわかっているのだ。




やりたいかやりたくないか。

それをとことんやったら先にあるものは。



やるかやらないか。

そうやって動けるようになってくる。


・・・・・



さ。わたしの隠れファンの方。

いつもひっそり見守っていただいてありがとうございます~。

出てくる準備ができましたら、いつでもお待ち申し上げておりますぇ~。



(*‘∀‘)喜んじゃうYO!

スポンサーサイト

コメント

1. こんばんは。

舞香さん、こんばんは。

共感ポイントたくさんで、思わずコメントしてしまいました。

私のアクションスイッチが入り、舞香さんセミナーやどこかで再開できることを楽しみにしています。

2. メッセージありがとうございます!

みゅうさん

いつもありがとうございます~。
共感ポイントありましたか。
(*‘∀‘)うふふ
もう、きっと遅かれ早かれのお話しですね!
うずうずされちゃっている事に気付いておられますものね~。
どこでお逢いできるか、それもまた楽しみのひとつにしておきますね!
応援しています!

3. 後ろを歩く

舞香さんより私の方がちょっと…いや、だいぶ年上ですが、素敵な女性だなぁ、と 憧れと共感を持って
うしろを歩いています。自分の方向が見えてきています。「道案内をどうもありがとう」と背中に声をかける時がくるでしょう。それもまた、嬉し ですね。

4. メッセージ ありがとうございます!

>にゃおなと大きな木さん

嬉しいお言葉、ありがとうございます。

わたし自身が手探りで前や後やわからず歩んでおりますが・・(笑)
(;´∀`)

それでも、経験したものが何かしらのご参考(ネタ)になればと思っています~。
これからもどうぞ、よろしくお願い致します!
<m(__)m>

5. まいかちゃんへ。

まいかちゃんとは、一方的な思いだけど、会いたいって
思うときに再会できているので、とても幸せに感じてます。
また、繋がってくれてありがとう♪

6. メッセージありがとう~。

>ふうらさん

学生時代からのつながりって、たとえ頻回に会えなくても、こうやってつながっていけるからすごいねぇ。
いつもありがとう~。
(*‘∀‘)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。