記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきるとは。「木も見て森を見ず」の意味から、わたしの解釈を語る。

わたしたちは、

何をやってもいいし、何をしなくてもいい。

世の中、このままでいいし、変えても、いい。

世に何か残してもいいし、何も残さなくてもいい。


・・・・・・・・・



皮膚一枚を境に、その内側が「自分」で、その外側はすべて「自分」以外と思っていて。

爪や髪の毛、当然これは自分の一部。

一部っていう事は、自分とイコールであるか、ないか?

今まで生えていた髪や爪。

切り離された途端、存在が変わる。

自分のものなの?自分のものでないの?

もうそれは、ごみなの?汚いの?

形見・想い出の品にもなるし。

もう自分のものでないと思っていたとしても、DNA的にはわたし?

自分とはなんぞ、自分との境界線とはなんぞ?

生きているとはなんぞ?






そんなこんなな話を知っていくうちに、


木を見て森を見ず。
葉を見て木を見ず。

この言葉の意味を、わかるようになってきた。



いま、当たり前に生きている、この時間。

今までは、その目の前だけの木だけを見ている概念だけで、生きてきた。

だから、他に選択肢は、ないと思っていた。



森全体を俯瞰的に見る概念がある事を知ると。

物事は、目の前のひとつではない、とわかる。

そうすると、さらに山を見渡す・空や海がある事も知っていく。



 
全体 を知ると。

結局は、目の前の木を見て生きる事を、やりに来たことに、気付く。


森や山や海や空や、それをもっともっと知りたくなる・そこを追求したくもなるけれど。
それを見えている人、知っている人は、さぞかしすごい景色が見えているのではないか、と期待してしまうのだけど。

今自分の目の前に、確かにあるものは「木」であって、それが大切なんだと、知る。



つまり。

人生とは何ぞ、にちょっと気が付いたけれど、

そこにちょっと気が付いたからといって、実は何も変わらない。

ただ、捉え方だけが、全く変わるだけ。



たとえるなら。

目の前の一本の木が、森の一部だったと知ったからといって。

今、目に見えている木は、一本の木にしか見えない。

一本の木を見たら、ビジュアル的に空の上から森を見ているように見えるわけではない。


いわゆる「悟りたい人」」は、
きっと「目の前の木を見て、映像としてありありと森が見える」ような事を期待しているのではなないだろうか。

(能力としてそれができる人は、もちろんいるけれど。そういう人達も、実は普通の人。それを特別なものというよりは、必要な人に提供するための一能力であるだけ)




捉え方が変わろうとも、生きるというのは、楽しいばかりでもない。

痛いも、辛いも、悲しいも、悔しいも、虚しいも、落ち込むも、 

そこには 全部 ある。

今まで通りあるけれど、それすらも、大丈夫、とどこかで知っているだけ。



自分の言いたい事・やりたい事をやっていると、

自分と違う意見・生き方をしている人との違いも、はっきりしてくる。


わたしは、違う。それは同じ。似ている。

それがわかるだけ。



とことんバトルをしてもいいし、しなくてもいい。

そっと距離を置くもいいし、しなくてもいい。

わたしがこうだ、と思っていたものを、ちょっと変えてみてもいいし、変えなくてもいい。





人生、上がり下がりは、必ずある。

その上がり・下がりの落差が大きいほど、激動で、かつ魅力的に見える。

しかし、時にはその「落差」が人を追い詰める。

そうやって上がり・下がりを体験していくと、何事の「中庸」を大切に、とわかる。

その「中庸」を大切にすると、その上がりも、下がりも、どちらも大切なのだ、とわかる。




生きる事。


どんな生き方でもいい。

ダメな生き方って、何だろうか。あるのだろうか。

ダメな生き方、と思う生き方でも、いい。

生きる、に 正解・不正解、損も得も、ない。

正解・不正解も、損も得も、あると思っても、いい。

でも、その正解というのは、外にはない。誰に聞いてみても、すべて、違う。



でも、正解が欲しいから、損したくないから、後悔したくないから。

その基準で選び続けてきたもの。

今、目の前にあるものは、何が見えているだろうか?結果は、すでにそこにある。


今、大丈夫じゃない、と感じている人は。

まずは、その大丈夫じゃない、と感じている事を、大切にすることから。


どの生き方も、誰のものでもなく、自分自身のもの。

今、目の前で起きているすべての事。



すべて、大丈夫。


















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。