記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの人は馬鹿だ、わたしは違う。」潜在意識では、みんな一緒。「たいわ」で伝えたい事。



・(むかつく人がいたら)あの人はどうせ、できない人と思えばいい。
(自分が上の立場に立てばいい)

・〇〇するやつは、馬鹿だ!


・・・・・・・・


潜在意識的には、

一人称(わたし)、二人称(あなた)、三人称(彼)の区別がつかない、らしい。


あいつは馬鹿だ、と思っているのは、

わたしは馬鹿だ、と同じ事。


・・・・・・・


たとえばね。


あの人は馬鹿だ・無能だからかわいそうなヤツだと思えばいい。
自分が上に立って、あの人を下に見る。

そういうアドバイス。

こういう表現でなくとも、心理学のスキルではよくある考え方。



でも、わたしはおすすめしない。


そのやり方でいくと、どうなるか。

この時点で、「馬鹿にする人」「馬鹿にされる人」、

見下す人と、見下される人に、分かれてしまう。



そう、こうやって、「馬鹿にされない」ように「恐れる」「頑張る」自分が、できてしまう。

そして、それが積み重なっていくと。「生き方」となっていく。



そもそも自分を納得させるために、「相手を下げる」必要は、ない。




浮気する人って、実は束縛が激しい、という。

なぜ?

だって、自分にその概念があるから。

自分が浮気するから、相手もそうするかもしれないから、疑うわけで。

二重恋愛の概念の全くない人、知り合いにいるのだけど。

確かに、まったくその概念のない人は、
家族に対して「疑う」事もないし、「家族に隠すもの」すら、存在しない。


・・・・・・


「たいわ」では、とことん、「自分」と向き合う。


たとえば。

「こんな事で、イラッとした、悲しくなった。」


一般的にな心理学の中には、

「ああいう行為をする人は、こういう心理があるから・・・・」

など、「相 対する人」に対しての、分析や説明をする傾向がある。



「たいわ」はそうではない。

「こういう事で、こんなにイラッとする・悲しくなるのはなぜか」

そこにポイントを置く。対自分なのである。


で、これも「なぜなぜ、どうして」の「原因探し」ではない。

「そんなに悲しかったのね」
「どうして、これがそんなにイラつくの?」


とある出来事に、人に、イラつく・悲しくなる「自分に」対して、

寄り添ってみる。
話しかけてみる。
気持ちを向けてみる。



あの時、あの人に、
ああして欲しかった、こうして欲しい、やさしい言葉がけをして欲しかった、

などなど、たくさん出てくる。


人からされたい事・言って欲しいかった事。
なのに、いかに自分が、自分にそうしてこなかったのか。

まずはそこに、気が付くところから。

そうやって、自分と「たいわ」をしていく。



そうすると。

いつの間にか拗ねていた自分や、
さみしかった自分、
それを我慢してきた自分、

そうやって生きてきたクセや環境など、あらためて振り返る。
出来事と、感情がセットになって、思い込みとなっていた事に気付く。


その拗ねやさみしかった自分に気が付いたら。


そこから、またひとつ、視点が変わり、受け取り方が変わる。


「あぁ、自分はこんなに頑張ってきたんだな」
「あの人も、色々あったけど、あの人も、わるい人じゃない」


そうやって、気がつく。


最後に残るもの。

何に・誰に対しても、「感謝」のみ。




これを、

「あの人も頑張ってるのだから、感謝しなくては。わるい人ではないはず。」

など、対する相手に向けた方向性からいくと、そうは至らない。


自分を納得させようと、色んな理由を外から探すものは、自分の内からわいてこない。



・・・・・・


わたし自身、あまりきらきら・ふんわりした言葉・表現は使わない。

同じ出来事でも、伝え方一つで、とても雰囲気が変わる。
わたしにはない雰囲気を伝えらえる人がたくさんいて、すごいと思う。


ただ、わたしにはわたしの伝えたいニュアンスがある。

そして、その時に気分によって、多少変わる。
その時の自分にとってぴったりくる表現であれば、なんでもいい。
これから、また変わっていくかもしれない。



みんな、それぞれの伝えたい想いがあり、そのニュアンスがある。

自分の内と外が一致すれば心地がいいし、ズレていると心地悪い。



自分の好みの表現を使っている人は、読んでいて心地がいい。

自分の好みでなくても、話の筋が通っていたり、その人の個性が伝わるものは、心地いい。


人の表現に対して心地いいか、違和感があるか。それもすべて、「受け取る側」の話。


・・・・・


「あの人は馬鹿だ」という表現。


たとえばブログ記事を読んでいても、
そういう人の話を聴いていても。


実は中身はちっとも人を攻撃していなくて、「愛」がたくさんのものと、

素直に思ったことを出しただけのものと、

わざわざ人を攻撃しているものと、


そこが分かれているように わたしは感じる。



もちろん、想ってはいけない事・発してはいけない事なんて、ない。

自分の中にあるもの・沸いたものに蓋をせず、認める事・出す事は、とても大切。



ただ、それを、どう出すか。

「出す」といっても、
それを
対する相手に渡す・ぶつける、周りにまき散らす?

そこが、ポイント。


・・・・・・


「たいわ的」に言い換えて要約すると。


人を攻撃する人に対して、違和感を感じるという、わたしの受け取り方。

人を攻撃する人は、ダメだ!という方向性ではなく、

あくまでわたしがそう感じる・受け取る、という話。




だから。



自分が何かを感じた時、
自分が感じた何かを伝えたい時。


相手を、落とさなくて いい。

自分を上げなくて いい。

強い言葉で、相手を攻撃しなくても いい。

強い言葉で、防御しなくても いい。




わたしは、そう思う。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。