記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は決めつける ~その話は事実か憶測か?思考のループの中にいる方へ解説~


最近、色んな方のお話を伺う中で、多く共通している事がある。(対人関係)


どうしてあの人はこうなの?
どうせあの人は〇〇な人だから、話したって無理。
あの人はこう思っているだろうから、わたしはこうしたほうがいいと思う。
わたしはどうしたらいいと思う?
などなど・・・

話しが進むほどに、「~~かもしれない」が、多く混在しており、
その人の中では事実にすり替わっている事が多く見受けられる。

しかし、その本人は、憶測と、起こった事象との区別がついていない。

・・・

そこで、具体的な相手の発言や、反応はどうだったのか、
どうして相手がそんな反応に至ったと思うかなどを確認してみると、


「もうそんな話はしてない。」
「話しても、すぐけんかになるから」
「相手がどう思っているか知らないけど、私は~・・(質問と違う、憶測の話に戻る)」


そう、つまりは、
ちゃんと話をしていない。確認を取っていない。
だからこそ、憶測で話が進むのである。

・・・

「『でも』、相手はこう思っている『はず』。」
「あの人はこうだと思うから、わたしはこうした方がいいんじゃないかと思う。」

 ひとつのところに立ち止まり、この言葉のループを繰り返すパターン場合がある。


しかし、ここで大切なことがある。
自分一人の憶測の中での「どうして探し」「答え探し」、
そこに答えはない、という事。

・・・・・

たとえば。

「どうしてあの人はこうなの?」
「あの人がこうしてくれたら、こうするのに」
「あの人は、わたしではなく、あの人を選んだ方が幸せになる」


そういう、思考による物語というのは、割と悲しいストーリーに行きがち。
かつ、エンドレスにループする。
その頭に浮かんだストーリーによって感情が変わる。その感情によって、行動が左右される。
悲しいストーリー展開の時には、自暴自棄的な決断をしようとするし、
ちょっと持ち直したら、少し待ってみようか、このままで大丈夫かも、など。
だからといって、多角的なシュミレーションとは限らない。ある程度、パターンは限られているもの。

そして、憶測の中の相手の行動パターンによって、自分の大きな選択を決めようとする場合もある。
そういう場合、実際はなかなか行動に移せないからうずうずしんどいわけでもあるが、
勢いで選択したものは、その後クールダウンした頃に「あの時これでよかったのか」その確認作業のループが始まるわけで・・・。


こういう思考の中で、
「自分の意思と本音」は、奥に隠れてしまう。
それが自分で見えなくなっているから、いつまでも気持ちの変化に左右された選択肢が浮かんでは消え、
浮かんでは消え・・。



この憶測による思考のループに関して、伝えたい事をまとめてみた。
そのポイントは7つ。
(ポイントといっても、また文章長くなるけれど)
(;´・ω・)



① 当事者と直接話しをする。

なんといっても、まずはこれ。
この、一番基本的な事をスルーしている事に気付く事。
そこが抜けているからこそ、この思考ループに陥りやすいわけで。


たとえば、「あなたにとって、こうする事が幸せ・・・」なんて考え。

それは単に、あなたの本音を隠しているに過ぎない。
相手の事は、相手の事情。
相手にとって、今幸せなのかそうでないのか、何が幸せなのか、それを決めるのは、あなたではない。
あなたがしたい事は、
「わたしはこうしたい」「わたしはこう思う」その根底で伝えないと、本当の気持ちが伝わらない。


また、「あの人はどうして〇〇なの?」なんて、他人に相談したところで、その人の気持ちや理由は、他人には代弁できない。

たとえばわたしが、「〇〇さんはこう思っているかもしれない」といっても、それすらわたしの憶測にすぎない。

他人ができるのは、客観的立ち位置からの解釈と、話の整理。
それを、アドバイス受けるする方も、受ける方も理解していないと、これまた憶測による事実が出来上がっていくのみである。



②その思考は、単なる自分だけの思考に過ぎない。

その中に、相手の答えはない。
しかし、自分の意図と答えがある。

そこに気付く事から。



③ 自分の本音が「ある」事に気付く。

「どうしたいって、訊かれてもわからない」
「自分の本音が分からない、どうしたらいい?」

自分の本音。素直な気持ち。自分の答え。

大切なもの程、そっと奥に隠れてる事がある。
だから、自分でもわからなくなることがある。
しかし、ちょっと隠れているだけであって、必ず「ある」のである。



④「わからない時は、わからなくていい時」。

これもポイントとして押さえておいてほしいこと。

いくら自分の本音に気付きたくても、自分の中でまだ準備ができていない場合、
自然と防御・場合によって攻撃体制に入る。


たとえば、いくら自分がカウンセラーさんに心の鎧を脱がしてもらうぞ!と意気込んで覚悟を決めて(つもり)挑んだとしても。

核心に触れる質問や出来事があると、それに対して、

質問の意味が、理解できない・頭に入らない
質問の意味が理解できるけれど、言葉にならない、
相手に対して怒りなどが生じる
などなど。

そんな時は、まだわからなくていい時。

そんな自分を、大切に。



⑤「自分とのたいわ①」。

自分の気持ちを、誰かにではなく、自分に訊いてみる。

こころとからだは、連動している。
からだは、とても正直。ちゃんとサインを出してくれる。


たとえば。
切ないドラマ見た時とかに実際胸がキュッとなる、あれ。みなさん、体感された事はあると思う。
あれを、「たいわ」として使ってみるといい。


いつも通り、頭に浮かぶ様々なシチュエーションがあるとしたら。
そのイメージをしている時、どんな時に胸がキュッとなるか、どんな時にもやっとするか、それを丁寧に感じてみる。
胸がキュッとなる事は、いわば、明確なYES・NO。

やはり、からだもこころも、正直なのである。



⑥「自分とのたいわ②」

その相手と話が直接できない、したくない、そんな時。
ちょっと自分に問いかけてみてほしい。


どうして、大切な人と、大切な直接話ができないのか?
相手と話しをした時、どんな展開になるのが困るの?
どういう結果になると、嬉しい?
などなど・・・


これは、どうして探しではなく、問い詰めるわけでもなく、
どうして?と問うてみた時の自分の気持ち・答えに着目してほしい。
すんなり答えらえるものもあれば、答えにとても困る事もあるかもしれない。
答えに困ったら、それはそれで、いい。
そこにちゃんと答えはあるから、その自分をそのまま感じてみる事から。


また、人から質問をされた時も、同じ。
その質問をされて、「どう感じたか」、そこに答えとヒントがあるから、
カウンセラーさんなどは、それに気付くような質問をしていくことがある。
(答えたくない事は、答えなくていいのである。そこも大切に)



⑦時に、人は自分にも相手にも嘘をつくし、ごまかしたり、話をそらしたりするもの。


 ④の話しにも通ずる事ではあるが、やっぱりまだ自分の素直な気持ちを出せない時は、それと違う答えを出す事がある。
拗ねモードだったり、防御している状態だったり、その時に「期待する結果」によって、言葉や行動を選んでしまう事。


たとえば。
「大切に想っている」のに、「どうでもいい」と表現する。
(本心は、どうでもいいと思ってないし、喧嘩したいのではなく、期待するのは「相手から大切だ、って言ってほしいから」だったりの行動)

この、「どうでもいい」という表現、
これをどう受け取るかは相手次第。
場合によってはさらに売り言葉に買い言葉につながってしまう事も。

自分が拗ねるように、相手だって、拗ねてるだけかもしれない。
しかし自分が拗ねている時は、そこに想いは至らない。


「ああ言われた、こう言われた」
どこまでが本音かどうか、そこに労力を注ぐよりも、大切な事。

それはやはり、自分の想いは素直に表現する事。


しかし、想いをぶつけるとは違う。
思ったことを、すべてそのまま表出できるとも限らない。
相手との距離感・空気感を感じて、100言いたい事が20しか伝えられない事があってもいい。
上手な表現でなくともいい。
本音を伝えない、と決めても、いい。

大切なのは、自分にウソやごまかしを混ぜない。それだけ。
それが、一番シンプル。




自分が一番選びたいものを選ぶために、
時に、一番苦手とする事に向き合わざるを得ない事があるかもしれない。


それでも、大丈夫。



・・・・・


ストーリーを要約すると。

「東さんは〇〇だ、というイメージ」を色々持たれるのは自由だし、それそれあっても面白いと思うけれど、
「東さん〇〇だ」、 そう決めつけられ、どこかの誰かの悩みの種になっていたとしたら、やっぱり嫌なわけで。
それならば、いっそ直接確認してほしいわけですよ~、という話。
(*‘∀‘)その代わり、好きとか嫌いとか苦手とか、ハッキリ答えちゃうよ。



【過去ブログ参照】

◆ 人がすれ違い、関係がこじれる理由。~1例の過程から解説してみた~
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12183684390.html

◆ 想いを伝えるとは。
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12162146360.html

◆話し合いを重ねる程、大切な人とすれ違っていく時。
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12183707251.html




【東 舞香の活動・主催イベント情報】

◆ 10/15㈯  13:00~受付 (天満橋:ドーンセンター)

  笑って学ぶ!!「田中佳」医師×看護師によるワクチンセミナー
 ~世渡り上手な予防接種~

  詳細・お申込み受付こくちーずより。
http://www.kokuchpro.com/event/84b02dfe61f329cf7d35dbbca2a7ea08/


facebookイベントページ
こちらには告知用の動画があります。是非ご覧ください!
https://www.facebook.com/events/147931985634454/

◆ 9/18㈰  12:30~16:30 (西宮市民会館)

「たいわカフェ」
たいわ士・南山みどりトークライブセッション等
 
詳細・お申込み「こくちーず」より
(主催:美咲和音・東 舞香)
http://www.kokuchpro.com/event/40180137fb5f9d6146230f89422eec10/


◆ 「たいわ士が行うレイキ」のご予約受付日
(定期出没日はまだ決めておりません。ご要望ありましたら直接お問い合わせください)


http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12163896341.html



◆  2016.10.23㈰
「かさこ塾フェスタ」

 京都のフェスタに出展予定!
※わたしの出展内容の詳細未定。でも、何かします(笑)
http://festa.kasako.jp/2016/


◆ 「鳥獣戯画イラストうちわ制作」
一枚:1500円+送料(もしくは交通費)
 詳細はこちらの記事をご参照に
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12189116329.html


【お手伝い参加・応援イベント】


◆9/27㈫ 10:00~11:30(受付9時45分~)

いのちが教えてくれること
~月経・赤ちゃん待ち・妊娠・お産・子育て・更年期~
鍼灸師・田中寿雄先生講演会

(主催:このめ食堂)

http://conome-kitchensalon.jimdo.com/2016%E5%B9%B4%EF%BC%99%E6%9C%8827%E6%97%A5%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E7%89%B9%E8%A8%AD%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。