記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣伝活動(と、アツい想いも):「ラ・サルーテ」in京都

今回のお出かけは、京都。(西大路駅)


LA-SALUTE ラ・サルーテ」 鍼灸の石原貴司先生の所へ押しかけました。
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ここでは鍼灸のみならず、「サイマティクス」という治療などもされています。

くわしくはHPをどうぞ。


※私が過去に受けた時にちょっと日記に書いていました。過去の日記はこちら


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


この先生は、私がエネルギーワークをかじりだし時に出逢いました。

「気」がわかる人のお話を聴きたい興味津々の時期の私。

君は敏感だから、(そういうエネルギーワークは)やめといたほうがいい。


( ̄□ ̄;)!!エッ

その当初は、「『気』とかの話をたくさん知りたい

自分は「鈍感で感じないから、感じれるようになりたい

という私に

引きずられる・しんどくなるからやめておきなさい

と警告を出してくれました。


それでもその時は
「そうかもしれないけど、自分で感じたいんだ!」
と強く思っていた頃でしたからね。



繊細・敏感だから、あえて自分でブロックしているだけ。
だから下手に『ブロックを外してもらう』なんてやらなくていい、

と教えてくれました。


のちのち理解しましたが、

「わからない」という状態は、自分で自分を防御しているだけだったんですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


幸いにも、私の周りにははそういう話をちゃんと教えてくれる方とのご縁に恵まれています。
このあたりのお話はたくさん語りたい分野なので、これから何度も書いていきます~。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


石原先生は、

一口にいう「」という言葉を、ただの感覚・抽象的なものでなく、

理論的に、量子力学的な観点から

「『』とはなんぞ」

を説明できる方です。

東洋医学で当たり前のように使う「」。

なのに、その「気とは何?」を「説明できない治療家」があまりにも多すぎる、と。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



私が「エネルギーワーク」を習った当初の理解。

「(正しく使えば)誰が使っても、流れるエネルギーは同じもの」


しかし、そのエネルギーは結局、その「人」を介するわけですから、

完全無垢というより、少なからずその個人の個性が反映されるというか。
(そういうのをちゃんと教えてくれる場所もあったりなかったり)

「人の思考・感情、人としてのあり方」が、いかに影響しているのか、

そして、それを無自覚にやっているエネルギーワーカーがいかに多いか。




とくに、「自分が治してあげたい・治してあげているモード

そんな時に流されているものは、

いわば、すでにクリアなものでなく、より多くの個人の混ざりものが増えた状態と思っていただけば。
(単に いい・わるいと言い切れない内容になりますので、これもまた別の機会に。)


また、人は常に、一定に、ニュートラルな状態・クリアな状態ではいれないものです。
だからこそ、
リフレッシュ・リセットする、とかパワーチャージとか
お祓い(穢れる=気枯れる→それをはらう)とか、
心身の鍛錬とか

元の状態に戻すような事や、大きくブレないように的な事を大事にします。



そういう意味でも、先生がサイマティクスを推されるのは、

そういう個人の影響を受けずに、

必要な周波数を、いつでも誰でも安全に流せるという理由なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちなみに、「波動測定の機械」と言ってもこれまたピンキリだと思っています。
あくまで私の一個人の考えです


機械の開発されたお国が違うものがありますので、ひとくくりに全部がいい・わるいはいえません。
(長くなるので、また別の機会に)


波動の機械」に興味のある方へ、

それさえ使えばなんでもオッケーになる」と思っていたり、

なんか怪しい。でもあの先生が勧めるし・・きっといいかもしれない

そう感じているのなら、ちょっと待ってください。


まずは「そもそも周波数とはなんぞ」を

ご自身で調べてみたり、それをちゃんと説明できる方のお話を聴いてみてはいかがでしょう。

そして、「その治療に何を期待」されているのか。

それを勧めてくれる人はどんな治療家か。
(くれぐれも、人の不安をあおるような言い方それさえあればなんでもオッケーと思ってしまうようなご説明をされる方でしたら、私はおすすめいたしません。)


そして、各セラピーも、
音・声や色、パワーストーン、食や水・薬、パワースポット・・・
など、書ききれないほど様々ありますが、

セラピストさんとしても、そのセラピーが効果がある理由「周波数(量子力学)」的な理由も知っておくと、そのセラピーの理解を深める一助になると思います。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


そんなこんなで、本日石原先生とお話したテーマを振り返ってみました。

統合医療」「スピリチュアル

という言葉がある程度広まってきた反面、

その「危険性」を感じていること。

「統合医療」「スピリチュアル」とひとくくりにされていますが、

その伝えている中身は、実にピンキリ。私はそう感じています。


「自然な方法でなければならない・アンチ現代医療」

と思わせる方向性のものもあります。

そう、結局人の不安をあおる形・表現が変わっただけ




私は「こころとからだとたましいと」がテーマだと言っていますが、

世にいう「スピリチュアルという言葉」、私はあまり使いたくありません。


便利な言葉なのですが、この言葉の受ける側のイメージが、
私が伝えたい方向性と全く違うこともあると感じています。



また、「統合医療」という言葉。
これもそろそろ商品化されてきたなぁ、と感じています。

そのテーマの方の講演を聴いたり、本・ブログなど拝読したり、
実際に診察を受けるなど情報を得てきましたが、


講演やお話が上手(上手でない)な方、文章が上手(上手でない)な方、などなど。

(文章ではあんな素晴らしいことを書いているのに、実際の人間性は違う。、
あんなに素敵な先生でお話・実技も上手なのに、ブログではその素敵さが伝わらないなど)


だからこそ私が伝えたいのは、

その実際言ってる事とやっている事が違う方がいたとしても、それをしている側を責めるのではなく、

選ぶ側として、選べばいいだけなのです。

その方達のおかげで、「統合医療」という言葉が広がりを持ち、
色んな意味で伝わってしまった部分があるのなら、

その「」を伝える事ができる側が、広がり薄くなった部分を、
今度は深めて伝えていけばいいと思っています。
(つまりは、それぞれの得意分野・持ち場でやりたいことやればよい)


だからこそ私は、その見極めを大事にして、
人のあり方」の大切さを伝え、実践されている方を知り、さらに広げられる人間でありたいです。


表現・伝えるって本当に難しく、そして面白く、深いものだと感じる今日この頃です。


こういう話もどんどん伝えていきたいなぁと、思った次第です。

(*‘ω‘ *)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


「ラ・サルーテ」



石原先生をぱちり。アロマの香りのする素敵なお部屋です。



待合室に置かせていただきました。



掲示板にもばっちり貼らせていただきました。(*'ω'*)





そんなアツイ話ができる石原先生もご協力いただきましたイベント!
1/29㈮
たいわ士☆南山みどりと観る
「かみさまとのやくそく」上映会+トークライブ&セッション

もう間もなくとなります!
どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。