記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボイストレーニング」を受けてきました。

爪が伸びたら、キーボードが打ちにくくなりました、東 舞香です。
(つд⊂)エーン

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


今回、ボイストレーングを受けて来ました!
(*‘∀‘)

実は数年前に一度、本気でボイストレーニングを受けたくて、探した事があったのです。
でもその時は、いまいちピンと来るところがなく断念。

なぜかというと、いつも歌を歌うと、すぐ喉が疲れるのです。
いつも喉が締まっているのは自分でも気づいていたのですが、どうすれば喉を開く事ができるのかが、よくわからず。
お腹から声を出せるようになって気持ちよく歌いたかったわけです。
( ̄* ̄ )

その以前からも、
声が籠もるというか、通らない声だとは気づいていました。
だって、よく人に聞き返されたり
家族や友人に話し方をいじられたり
居酒屋オーダーとか、気づいてもらえなかったり・・・

そんなわたし。実は学生時代は吹奏楽部
でもあの頃から、楽器を吹いていても「喉が締まっている感」があったのです。
だから、上手ではなかったですね。
大人になってからも「腹式呼吸」は結構やる機会は多いのですが、
どうも実生活の話し方・歌い方に反映できておらず。

・・・・・・・・・

留守番電話が出始めた頃、自分の録音された声を聴いて驚愕したことがあります。
それでもあの時は、
いいや、わたしはこんな声ではない。」と、しらんふり。
( -з-)ぷい。
(他の人の声はそのまんまと感じているのに)

・・・・・

わたしは、人の話を聴く機会がよくありますので、
「あの人の話し方は上手、心地よい、好き」とか「そうでない」とか、
そんなところも観察・評価していたわけですが、

今度は自分が話す機会が増えたわけです。

いざ、自分の話し方・声を聴いてみるとですね。
・・・・・
なんというか、自分が思っていたより、「ひどい」。
(;´・ω・)まじか~・・・

なんというか、
ごにょごにょ・ふにゃふにゃ、こもっている、
それでいて、かなり早口で固い印象

自分の話し声を聞いて、正直、「息が詰まる感じ」がするのです。
いままで、周りの人はこれを聴いていたのか・・・・
(;´・ω・)こりゃ、声が前に届きませんね。


これから人前でもっと話をする機会も持ちたい、話したい。

こんな声で・話し方で、独りよがりで語っている場合ではない!
それならば、それならば!
(`ε´)

自分が聴きたい話をしている人のマネをするべし!
安心できる・あたたかい声
通る声
聴きとりやすい声
もっと話を聴きたくなる、心地よい話方


もう、ごにょごにょ声は卒業するでやんす!

ヽ(`Д´)ノがお~ん

・・・・・・・・

今回、おもむいたのは、
プロのjazzシンガーさんで、他にも色んなご経験を経て講座をされている
リッキーさんこと、宮代理沙さん」。
以前、とあるイベントの司会などでもお世話になった方です。
(*‘∀‘)

「宮代理沙オフィシャルサイト」はこちらより


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


今回は、わたし含め受講者は3人。

一人でも早めにレッスンしたい気持ちもあったのですが、リッキーさん曰く、
他の人と一緒の方が、相手の変化も見れてわかりやすい。だから、どなたかと一緒のほうがよいとのこと。

ふむふむφ(`д´)メモメモ...

・・・・・・・

わたしの「普段の話し方」を分析していただきました。

わたしの場合、

明るく元気な印象、ものおじしない性格。
(数回お逢いしているので、その雰囲気・性格も知っていただいている)
それなのに、声だけが前に通らない、喉元でこもっている。


(;´・ω・)そ、そうなんどす・・・。

ちょうど、今のテーマは
「自分も想いや気持ちを、そのまま出す」
「行動する」。
いわゆる言動一致な生き方を目指しているわけです。

なのに、「自分の雰囲気」「想い」と、「表現」が一致してない、というわけですよ。

つまり、この話方・声では、わたしの持ち味が伝わりにくいというわけです。


・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・


レッスンを終えての感想。


しばらくは「身についているクセ」もあるので、練習が必要ですが、
あれだけ練習したのに、ちっとも「喉が疲れていない!!!
やっぱり、今までいかに喉を使っていたのか、と思い知らされました。

そして、日常の姿勢のクセが(姿勢もよくない自覚はあるのですが)が、「腹から声が出ない姿勢」であったのも気付かせてもらえました。

そう、このレッスンはすべて「体感ありき」なんどす。
(*‘∀‘)


そして、今回わたしが一番わかりやすかった体験。

リッキーさんの普段の話声・話し方、とても安心できる声なのですが、
それをわざと、
喉を締めた話し方」を実践してくれました。
それでね、気付いちゃうんです。
あ、わたし、普段、それ。
(;´・ω・)!!

喉を開くってどういう事?とわからない人も、
普段喉を開いて話している方が、「喉を締めた」のを聴くと、その意味が一発でわかります。

わたしが、自分の声を客観的に聴いた時、
息が詰まる」感じがした理由がわかりました。

なんかね、喉がしまっていると、必死感が出るのです。
わたし自身も、自分が話していての「必死感」、をそういえば感じていました。だからかぁ~・・・


ほんと、「体感してわかる」というのは、そういう事なのです。



さて、今回はレビューはこれくらいに致しましょう。


というわけで!!
今は、ごにょごにょ籠る声のわたし・・・・・

えぇ声になります」宣言を致します!
(*‘∀‘)えぇ声~~~~・・・


わたしの話し方が、実際どう変わっていくのか、乞うご期待!!

(*‘∀‘)


(ラジオやスピTVに出る前にレッスンを受けれなかった事は残念ですが、
その分、それは「Before」としてお楽しみ下さい(笑)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


レッスン中。
みんなで見上げて えぇ声を出すのであります。

受講生みんなでぱちりんちょ。

右手前が先生。
お昼休憩、わたしは「ハンバーグ定食」をチョイス。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香

Author:元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香
ひとつの道にとどまり極めるより、あれやこれやかじって伝える事が得意。
わたしの人生経験すべて学び・ネタ!やることなすこと「活動」と称す。
そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。
☆Webサイト作りました。ブログもこちらで更新中!
「名もなき活動家」東 舞香の活動拠点
http://namonaki.net/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。